フィレンツェの中心にある当4つ星ホテルのスイートルームをご予約いただくことで、フィレンツェという町の中心部に滞在し、その歴史的なルーツを知ることができます。当ホテルの名称は、サンタ・マリーア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラを建設したルネサンス時代の偉大なる芸術家であり、この建物の所有者でもあったフィリッポ・ブルネレスキに由来します。
トスカーナ州の州都で唯一建設され、今は当ホテルのシンボルでもあるパリアッツァの塔(541-544年)は町を囲う城壁内にある建物の中でも特に古いものの一つです。現在、この3Fと4Fにはパリアッツァタワースイートルーム、2Fにはミーティングなどを行うことのできる会議室、1Fにはグルメレストラン「サンタ・エリザベッタ」、そして地上階にはオステリーア・デラ・パリアッツァが入っています。

パリアッツァの塔の半地階の発掘中に発見された出土品が展示されているパリアッツァ博物館には、当ホテルのコンシェルジュがご案内いたします。古代ローマ時代のカルダリウム(高温浴室)、古代ではサウナとして使われていたハンマームを間近で見学していただけます。さらに古代ローマ時代の欠片やルネサンス期のモンテ・ルーポの陶器コレクションもご鑑賞いただけます。

フィレンツェの中心にある当デザイナーズホテルの豪華なロビーは、かつて「パルケェット」と呼ばれていたサン・ミケーレ教会がありました。
近年、当ホテルでは全面改装を行い、古くて魅力的な建物の特徴を生かしながら、お客様を温かくお迎えすることのできるホテルへと生まれ変わりました。
– ホテルの正面玄関
– ガラス製のメイン階段
– グルメレストラン「サンタ・エリザベッタ」
– タワーバー
– 公共エリアのインテリア
– 新しいスイートルーム
– ホール、レセプション、朝食ルーム、会議室、エレベーターの改築
– レストランの屋外スペース
過去と現代がホテルブルネレスキで融合し、この4つ星高級ホテルだからこそ、古い時代の形跡を残し、魅力的な雰囲気の中でこれらを現代風に解釈することができるのです。

ドゥオーモ広場や有名なモニュメントから近くて、ロマンチックな場所にある当ホテルが、昼夜問わずフィレンツェで過ごす素晴らしい体験へと皆様を誘います。当ホテルのコンシェルジュが、美術館や博物館、各種イベント、周遊案内などご案内させていただきます。

フィレンツェや当ホテルの詳細はここをクリックしてください

ご予約!
[]
1 Step 1
チェックイン日
チェックアウト日

jp

Previous
Next
最もお得な料金をお約束

今すぐ予約するべき4つの理由

  • WIFI無料
  • 朝食込み
  • ホテルでお支払い
  • キャンセル無料
で共有